© コナモン資料室 All rights reserved.

春半ば、うるい 筍 但馬牛

お肉、といえば関西では牛をさします。豚は豚、なので豚まん、肉まんではないんです。 

関西では、神戸牛、松阪牛、近江牛が有名ですが、すべて但馬牛が母体となってるようです。

今回、特別に但馬牛のフルコースを試食することができました。

八寸、椀物から醤油焼き、塩焼き、しゃぶしゃぶ、すき焼きまで。

旬の野菜、とくに筍とうるいが牛の旨みを抱いて、牛に負けない美味しさです。

海外ではなかった牛の味わい方、これもまた日本が誇る食文化、大切にしたいです。

関連記事

名店の大阪おじやうどん@マツバヤ

   大阪だしうどん、象徴的なきつねを産んだマツバヤさん。いまや世界も見つめる至福の原点の一杯。開店と同時にお…

つきぢ田村三代目のお別れ会

築地たむら3代目、田村隆さんのお別れ会が、親友脇屋シェフのお店で行われました。演出に徹底的にこだわるタレント田村さんのエ…

地域の食資源としてのコナモンの魅力

追手門学院大学で、フードツーリズム学会主催の講演会にお招きいただきました。鉄板会議のお話や地域の食資源としてのコナモンの魅力…

中華の楽しみ@筑紫楼

お気に入りの中華で北京ダックやフカヒレを頂きました。ナイフとフォークの海老マヨもお初です。お味と居心地の良さを兼ね…

鶏そば@円山町

丸山町のオイスターバーの隣、tonari さんへ。鶏チャーシューの火入れ、麺とスープのからみ具合い、接客、メニュー展開も含め、非常にバラ…

ページ上部へ戻る