© コナモン資料室 All rights reserved.

天ぷら定食という食文化

 高度経済成長期前後、たとえばこちらのお店は昭和33年からといいますが、天ぷら定食のお店が西日本全体で増えた時代があったように感じます。こちらのご主人は三代目、屋台の天ぷら屋さんは博多でも多く、ひらおさんも昭和43年ぐらいからということでした。

地下にあるので、地元では「地下天」の呼び名で愛用されてるこちらは、白身の魚、キス、玉ねぎ、にんじんの盛り合わせが基本で、衣も揚げ具合も最高です。

鯨もつけてもらい、朝から麺益力アゲアゲの天ぷら定食なのでした。

関連記事

てんぷら近藤さんコナモンレッスン@ABCクッキングスタジオ

  l 近藤さんの春の天ぷら@ABCクッキング ABCクッキングスタジオの KONAMONマスター1dayレッスンで、 銀座…

70年続く甘党の世界

        中野鮮魚店のそばにある、喫茶とお食事のお店、千日さんがあります。 こちらも歴史…

さようなら中野鮮魚店

昨年おじゃました、町の天ぷら屋さんが3月に閉業されました。 寂しい限りです。食文化の保護はどこの町も喫緊の課題です。…

天ぷら、ぜんざい

  沖縄のぜんざいは、金時豆あんが主流、しかも氷がけがふつうで、本土で言う普通のぜんざいをだすお店は非常に少ない、…

ティラジャー、ハタカサ、オオタニワタリ

伊是名の自然の豊かさには頭が下がります。 お庭の果物、野菜だけでも何種類もあっ…

ページ上部へ戻る