© コナモン資料室 All rights reserved.

2145/ さようなら、いもたこなんきん翁

くくるの創業者、永尾和俊さんが80歳でお亡くなりになって、お別れ会がありました。

西鶴の名言、とかく女の好きなもの、芝居こんにゃく、芋たこ南京。

目に付けどころがすごいというか、懐のふかい、勘の鋭い翁でした。

101018_1116~01.jpg

祭壇には、茨城のお芋が1t、飾られて、でもご挨拶は宮崎の知事から。

糖度25度の焼き芋ばっかりおかわりしておりました。

101018_1116~01.jpg

101018_1116~01.jpg

関連記事

ミクスチュアな沖縄の食文化

今回は沖縄在住、同級生のムロ先生の案内で、ディープな沖縄本島の日常フードをリサーチすることができました。 歴…

むーちー、菓子、ブレッド類

揚げ、蒸し、ゆで・・小麦粉、米粉、芋粉、片栗粉、コーン…

日常のてんぷら

てんぷら王国、沖縄、アゲモン大好きな皆さんなので、菓子類、パンも、か…

沖縄そば

今回は、さまざまな沖縄そばを体感できました。 本当に深い!それにおいしい!…

高田勝さんと今帰仁アグー

    今帰仁アグーを支える高田勝さんの農場では、琉球古地鶏や口之島牛など、在来の家畜たちがマングースやハブのリスクとも…

ページ上部へ戻る