© コナモン資料室 All rights reserved.

2145/ さようなら、いもたこなんきん翁

くくるの創業者、永尾和俊さんが80歳でお亡くなりになって、お別れ会がありました。

西鶴の名言、とかく女の好きなもの、芝居こんにゃく、芋たこ南京。

目に付けどころがすごいというか、懐のふかい、勘の鋭い翁でした。

101018_1116~01.jpg

祭壇には、茨城のお芋が1t、飾られて、でもご挨拶は宮崎の知事から。

糖度25度の焼き芋ばっかりおかわりしておりました。

101018_1116~01.jpg

101018_1116~01.jpg

関連記事

まとばさん@府中

しまなみ海道を再び戻って、今度は広島県府中市へ。府中独特のミンチがデフォルトの肉玉そば、肉玉うどん、イカ入り、エビ…

鉄板会議2022エリア会議@徳島、愛媛、広島

おかげさまで、鉄板会議2022 徳島、愛媛、広島のエリア会議が終了しました! お好み焼文化の濃いエリアだけに濃…

三津浜焼き@みよし

愛媛県松山市の三津浜焼き! 老舗の一つ「みよし」さんへ。この道20年のベテラン店員さんが見事に焼き上げてくださいます。うどん…

〆に、一人一枚絶品素焼き!@いとさん

鉄板会議2022、愛媛エリア会議のあと、三津浜のカラオケもある居酒屋さんへお連れ頂きました。ぴちぴちのお刺身や亀の…

よせうそ焼@しまだお好焼

創業44年というお好み焼屋さん。うどん、そば入りのうそ焼が名物です!ミックス=よせ、なので「よせうそ焼」を…

ページ上部へ戻る