© コナモン資料室 All rights reserved.

Takoも世界語に!

先日、ホノルルの製麺所に試食に出かけましたが、そのとき蛸グッズが町にあふれててビックリ。

たくさん買い込んで歩いていると、すれ違う外国人から「たこ、たこ」を指さされました。

オクトパスよりも、たこで通じるとは、大きすぎるサブライズ。

絵本にまで、「TAKO」。

SUSHI TEMPURA RAMEN だけでなく、UMAMI、DASHI、OKONOMIYAKI・・・

そして TAKOYAKI と TAKO も仲間入りしているのを実感しています。

日本の食文化は、ますます世界語になっていくんでしょうね。

関連記事

軽羹の魅力

各地においしいお菓子はたくさんありいますが、軽羹ほどオリジナリティの高いおいしさって、あまり見かけないような。 食感、栄養価、香りのすばら…

炊肉という絶妙@鹿児島

このたび、鹿児島での最高の驚きは、焼肉、ではなく、炊肉という世界に入ってしまったことでした。 モツのおいしさ、栄養、カロリ…

マヨたこ@鹿児島

マヨたこ情報は1990年代からあったのえ、20年以上の歴史になります。 鹿児島のご当地たこ焼きといってもいいのかも知れませんね…

グラチャンもり山@鹿児島あげぱく

夕方になると、女子高生たちもやってきて、会場は唐揚げ一色に。 グラチャンのもり山さんのお気遣いも有難いです。 唐揚げの香…

とり新の骨つきモモ@鹿児島あげぱく

鹿児島では恒例となった「あげぱく」。 大分でお世話になった最高金賞のお店の社長みずからが揚げてくださるというので、ありが…

ページ上部へ戻る