© コナモン資料室 All rights reserved.

揚げまんじゅうと粟ぜんざい

30年以上前におじゃましたとき、氷しるこに感激して以来の訪問です。

写真がNGだったので、画像はおみやげの揚げまんじゅうだけですが、

粟ぜんざい、杏みつ豆、豆かん、どれも変わらぬ味わい。

そのあと、日本舞踊協会主催の舞いの会へ。

国立劇場大劇場では、松本幸四郎さんの箏曲「光秀」、井上八千代さんの義太夫「お七」

が華々しく演じられました。

関連記事

春満載のてんぷらの恵み

近藤さんとの出会いは、東京事務所長田中が近藤さんファンだっとこと、その後、全日本食学会の理事会でもお目にかかるようになり、10年近くになりま…

コナモンbook

ポンテヴェッキオ山根シェフの世界

山根シェフの実は繊細かつ、見事な感性、そして情熱がこのひとときに凝縮していました。肉肉学会さんに、大阪に、イタリアに、シェフの35年に感謝…

からあげグランプリ金賞商品

からあげ絶好調、しかもおいしい!! …

KONAMONスマイルプロジェクト@ABCクッキング

昨年からスタートした、ABCクッキングのKONAMONマスターレッスン。 全国のどの教室でも受講できるので、気が向いたときに予約して楽しく…

ページ上部へ戻る