© コナモン資料室 All rights reserved.

江戸時代からの麺類の名店

副会長のおすすめ店、土手嘉さん。

麺類と寿司の組み合わせは、当時からの流れで、

以前、阪急服部にあった、のせやさんも同じスタイルでした。

寿司を握るコーナーが、神棚のまえに特別にあって、それはそれは、粉もんと粒もんのおいしいとこどり

をイメージさせる最高の設えだったんです。

後継者不足の波は、老舗麺類店にもじわじわと迫っているので、屋号と名物メニューだけでも

継承していただけたらと思うのです。

PAPUAのぶらり関西発見伝4【本家 土手嘉】大阪:豊中岡町.pdf

http://papua.osakazine.net/e688028.html

関連記事

おうち焼きそば、たこ焼きの頻度

産経新聞9月9日の記事で、コロナ禍での食卓の変化が紹介されていました。 https://www.sankei.com/lif…

オザカからオーサカへ。大坂選手、ありがとう‼︎

残念ながら海外、とくに英語圏では、OSAKA を「オザカ」としか発音してくれませんでした。 これまで30年近く、その発音を訂正…

ゆで卵商品

NHKニュースで紹介、卵とコナモンは仲良しなので、注目していきたいです。…

お持ち帰りいろいろ

テイクアウト、通販商品がコロナによって、よりバリエーションが広がっています。 お好み焼、いか焼き、たこ焼、焼きそば・・・…

復活の日

IMG_1805 先日、NHKプレミアムで小松左京さんの復活の日が取り上げられました。 …

ページ上部へ戻る