© コナモン資料室 All rights reserved.

豚と牛と鶏の競演@新宿

 

豚のレバーからはじまり、一頭で10㎝くらいしかとれない小腸や、タン、コメカミなど、どれも絶妙な焼き加減です。

お刺身は、彩り、歯ごたえがたまりません。

後半は、松茸と牛すきにヘベスを絞り、泣けそうな牛にぎりまで、4時間ぐらいお店にいたんですが、飽きさせない活気がお店に満ちていました。

戦後すぐからの予約が取れないお店の三代目社長は、焼き場にかかりっきりですが、息抜きのように、キャビアの海苔巻きを手渡しして、お客さんとのコミュニケーションを忘れません。

鶏のコラーゲンたっぷりのにゅうめんで、美味しくて幸せな夜が更けていきました。

関連記事

春満載のてんぷらの恵み

近藤さんとの出会いは、東京事務所長田中が近藤さんファンだっとこと、その後、全日本食学会の理事会でもお目にかかるようになり、10年近くになりま…

コナモンbook

ポンテヴェッキオ山根シェフの世界

山根シェフの実は繊細かつ、見事な感性、そして情熱がこのひとときに凝縮していました。肉肉学会さんに、大阪に、イタリアに、シェフの35年に感謝…

からあげグランプリ金賞商品

からあげ絶好調、しかもおいしい!! …

KONAMONスマイルプロジェクト@ABCクッキング

昨年からスタートした、ABCクッキングのKONAMONマスターレッスン。 全国のどの教室でも受講できるので、気が向いたときに予約して楽しく…

ページ上部へ戻る