© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:歴史 由来 文献 食文化論 history culture

香ばしスープの極上ちゃんぽん

長崎でも老舗から、若手の名店まで、ちゃんぽんめぐりをして、ずいぶん知ってるつもりになっていましたが 長崎に本店を…

80歳の女将の混ぜ焼き

おそらく北九州では最高齢のお好み焼店主かもしれない、というくらい80歳でもお元気な女将。鶏もつが名物ですが、そこにキムチやいか、豚…

昭和29年創業の味わい

協会設立当時、博多のグルメな方に連れてってもらったうどん屋さん。雰囲気もご主人も楽しいので、できるだけ立ち寄るようにしています。こちらの大…

天ぷら定食という食文化

 高度経済成長期前後、たとえばこちらのお店は昭和33年からといいますが、天ぷら定食のお店が西日本全体で増えた時代があったように感じま…

関西風モダン焼もあるお店

広島から西へ、在来線でのリサーチスタートです。 一軒目のちこさん。残念ながら営業されてなくて、次回は必ず! こちらは、…

Kajisanのお好み焼&OKOATA

関西風まぜ焼もある広島の老舗におじゃましました。昨年で55年、30年前からメニューも値段も変えてないけんね・・と昭和16年生まれの女将さんは…

変わらぬおいしさ炭酸煎餅

洋食屋さんのビーフシチューとデザート

塚口の悠々さんが行列だったので、こちらに初来店。ビーフシチューとパン、サラダ、デザートのブランマンジェまで、良き時代の洋食屋さんの味わいで大…

串かつ&どて焼屋台

以前から行きたかった屋台におじゃましました。 にら巻きや猪肉、合間のどて焼など、楽しい串カツの世界です。 お元気そうな女将さんに麺益力…

大阪のおなまえっ!難波、新世界、道頓堀

2月18日オンエアのNHK、大阪のおなまえっ特集で、協会相談役の奥村彪生先生が、大阪人の「もったいない精神、始末の精神」について、コメントさ…

いまこそ老舗学

老舗ジャーナリストの前川洋一郎さんから、素晴らしい一冊を送っていただきました。 継続は力なり、言うのは簡単ですが、継承となるとさらに難しい…

銀座のカツカレー

元祖カツカレーのお店が、煉瓦亭のお隣にあったので、はいってみました。 カツの衣のサクサク、お肉の程よい歯ごたえがおいしかったです。 …

麺益力、始まりの風景

2020年1月ごろから新型コロナの話題が出始め、2月にはマスクがなくなり、3月末の陽気できがゆるんだため、4月には深刻な事態に入っていきまし…

コナモン大国ニッポン@天声人語

資料を整理していたら、こんな記事が出てきました。 G20に合わせて、記者さんが東京から駆けつけて、3時間ほど取材してくださったものです…

ギョーザの町と各地の食文化発掘

きつね食べた? 春うどんプロジェクト

「vesta」コンフォートフードの特集で、春うどんプロジェクトやきつねうどん尾ご紹介、そして「麺益力」については、メディアデビューとなりまし…

日本の粉もん文化・・小麦粉七変化

2014年に責任編集した冊子を、改めて見直しています。 …

日本コナモン協会とは@スクール革命

11月オンエアされた、スクール革命という番組で、日本コナモン協会の紹介がありました。 協会の活動ダイジェスト紹介のあと、うどん屋の一夜薬に…

魚の棚の玉子焼

    魚の棚も明石焼きのお店が増えました。 道頓堀のたこ焼きが増えているのを似たような状況です。 昔は20個が一人前でしたが、…

今年も、kitsune 食べた?の季節です!

2021年1月発刊「vesta」121号、世界のコンフォートフードの特集で、会長熊谷がきつねうどんについて寄稿させていただきました。  冒…

ページ上部へ戻る