© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:歴史 由来 文献 食文化論 history culture

銀座百点

銀座の老舗会の冊子、銀ブラ時代からの素敵な雰囲気が伝わります。…

老舗洋食の醍醐味

明治20年から銀座を見つめてきた正統派洋食の居心地の良さ。 ヴィシソワーズ、メンチカツレット、アスパラガスサラド、menuがそのまま文化で…

月島名物

  恩師の友人、吉本隆明さんの好物が、いまでは月島名物です。昭和24年からというレバーフライ、肉カツとして愛されていたようです。 こ…

徳島の揚げたこ焼

たこ判もそうですが 徳島は独特のコナモン文化が育つエリアですね。 ちなみにこの記事に取材協力させて頂きました。…

大阪城のナゾに迫る!

旧友が古川アナとテレビに出ていてびっくりです。 再放送らしいですが、5年ぐらい会っていないので、秀吉の食卓について ヒアリングにおじゃま…

広辞苑改訂の一冊

広辞苑第4版から5版の「たこやき」の項の記述を変えた1冊になります。 ネットもパソコンも普及していない時代の当時の調査は涙ぐましいものがあ…

コナモンの定義

18回目のコナモンの日、VS嵐のオープニングトークで、たこ焼、麺類からトルティーヤ・・・コナモンの定義を紹介して頂きました! #jap…

2020年のコナモンの日を前に

日本コナモン協会岐阜支部から届きました。ぜひご一読ください。 …

粉もん@料理通信

  粉物特集です。世界のコナモンレシピが紹介されて充実の一冊!…

銀座の洋食店

洋食の老舗めぐり、深いです。…

創業1700年代、9代目のカレーうどん

どれを食べてもおいしんですが、カレーうどんは今回が初めてでした。 この透明感、スパイスとだしを活かした最後まで飲み干せるおだ…

江戸時代の農業遺産、三島独活

全日本・食学会顕彰制度スタート。 江戸時代から継承される唯一の農法で、みずみずしくフルーツのような三島独活に感銘を受けてる人…

お茶の水大勝軒

大勝軒といえば、山岸さんのお姿が浮かぶ人も多いでしょう。 私も池袋のお店でご挨拶させてもらったことがつい最…

つけそば@中野大勝軒

長野の蕎麦屋がゆかりという、つけそば、つけ麺の大御所、大勝軒ブランド。 中野大勝軒は、その核となるお店です。 暖簾をくぐる…

丸長のれん会新年会

60年以上つづく丸長のれん会新年会に参加させていただきました。 坂口会長はじめ、重鎮の皆さまともご挨拶でき、八幡屋…

大阪のブランディング

  海外で、大阪を紹介するときに、発音がオザカと読まれてしまうので せめて発音だけでも・・と思っていましたが 大坂なおみさんの活躍…

35年ぶりのしゅうまい天

初めての出版のときに、浅草をたずねたのは、こちらのお店の取材のためでした。 いまでは3代目社長がおられて、当時取材さ…

春うどんの季節です!

おだしたっぷりの麺を味わうかけうどんは、江戸時代の天下の台所、大坂で誕生しました。 きつねうどんはその流れで明治期に誕生した、かけうど…

大正3年創業の喫茶店

築地で愛されていた喫茶店が豊洲に移り、メニューは変わらず健在です。 社長がおられてご挨拶できました。 玉子サンドと、…

難波葱発祥石碑建立除幕式

(さらに…)…

ページ上部へ戻る