© コナモン資料室 All rights reserved.

カテゴリー:歴史 由来 文献 食文化論 history culture

インスタ映えとおいしさの関係

朝日新聞からインタビューを受け、資料提供しました。 また、インスタ映えお好み焼をめっせ熊さんで撮影させていただきました。 開高…

タイのコナモン事情

  タイ、バンコクのコナモン事情、嬉しいことに、たこ焼きも進化してます! https://www.nisshin.…

ふたばの豆餅とおしんこ

ふたばの豆餅を初めて食べたのは、京大人文研の多田研究室だったと思います。 それから、何度、この豆餅を食べたことでしょう…

2種類の鯛めし

鯛めしには、松山の炊き込みタイプと、宇和島の生のタイプがあるそうですが、どちらも食べられるお店はありがたい…

銀座の近藤さんへ

お世話になってる銀座の近藤さんへ。 今回は、ウニとキス、ピーマン、とうもろこしが、泣けるほどおいしく、…

麻布十番の鯛焼きと焼きそば

久々に浪花家さんにも。 鯛焼きと焼きそばという取り合わせは、ほかにはないんですかね。 大阪にゆかりのあるお店ならではなのかもし…

八幡製鉄所グルメ

八幡製鉄所跡地の開発も進む中、このエリアも大きく変わろうとしています。 戸畑ちゃんぽん、鉄鍋餃子、モツお好み。 官営…

黒崎本店の菓子パンワールド

小倉で人気のお店ですが、実は黒崎が本店でした。 小ぶりな1個が60円、70円と買いやすく、お土産にも最適です。 サー…

王道の鉄なべ餃子

鉄鍋餃子の元祖とも言える名店を再訪することができました! こちらの焼きそばも人気で、持ち帰りを頼だんですが ちょっとつ…

カステラとアンティークショップ

長崎人にとってのカステラ文化はすごいものがあるようです。 切り落としが積んである店から、専門店まで、あちこち…

老舗のモーニング&ミルクセーキ

大正14年創業、九州最古の長崎の喫茶店へ。 前回は、トルコライスを食べましたが、今回はシンプルにモーニングと、長崎…

長崎ちまきと桃まん

中華とオランダミックスな、日本というより、アジアンな長崎では、こんなお菓子にも出会いました。 …

長崎スパゲッチー

フランス人マルコ・マリード・ロ神父が、長崎に伝えたというスパゲッチー。 明治16年1883年、黒崎村出津(西出津町)で…

半世紀以上の太閤焼

長崎は、太鼓まんじゅう系が充実しているようで、70年近いというこちらのお店は70円というお値段で愛されています。 しっかりと…

和華蘭料理

史跡料亭花月さんへ。 坂本龍馬の刀傷のあるおそくても元禄時代からはあったという長崎の歴史を刻む…

冷やしておいしいフルーツ今川焼

ご夫婦で穏やかに営業されてる、33年目になる名店にであいました。 もともと長岡京にあり、東京など遠方に持ち帰る人が多かったので…

100年商店街の回転焼とたこ焼

今川焼、回転焼、太鼓まんじゅう、御座候・・・呼び方はいろいろありますが、歴史的にはかなり古いお店が地元にありました。  …

絶品押さえの混ぜ焼き&道頓堀やきそば@おかる

打ち上げに、日本アクセスの社長、副社長さん、道頓堀やきそば部長さんらとおかるへ! 道頓堀やきそばはと明石焼きは二…

激香夏麺と渡邉会長の思い出

1月以来の、富士宮浅間大社前、お宮横丁での富士宮やきそばです。 月光仮面ならぬ、激香夏麺。 渡邉会長ならではのネ…

軽羹の魅力

各地においしいお菓子はたくさんありいますが、軽羹ほどオリジナリティの高いおいしさって、あまり見かけないような。 食感、栄養価、香りのすばら…

ページ上部へ戻る