© コナモン資料室 All rights reserved.

130/ ぼった焼きの師匠

親子パン教室

日清製粉の親子パン教室に、今年も協会として協力させてもらいました。ウッスマン&コナモンちゃんとの記念撮影をキーホルダーにしてプレゼントする趣向も喜んでもらい、子供たちの石臼を一生懸命まわす姿が印象的でした。

さて、担当の海老澤さんが、東京千住のご出身で、ぼった焼きについて教えてくださいました。ぼった焼きはもんじゃなのだそうです。子供のときは、毎日のように、20円、30円でどてをつくってぼった焼きを楽しんだということです。お好み焼きの原型でもある、どんどん焼き、どんど焼きということばも、小さい頃からつかっていたそうです。

駄菓子やさんでの、ぼった焼きが今ものこってるのなら、ぜったい出かけてみたいものです。海老澤さん、また連れてってくださいね!

 

関連記事

コナモンと大阪@立命館大学アカデミックセンター

肉肉学会メンバーでもあり、立命館大学食マネジメント学部の和田教授が聞き手なので、 楽しいセミナーになると思います。 ご来場、お待ちしてい…

富士宮やきそばシンポジウム

富士宮やきそば学会の渡辺代表にお招きいただきました。 フードバレー構想から15年以上、渡邉会長亡き後、さらに盛り上げることが、ミッション麺…

タコなベイベー、本番デー!!

三代目コナモン大使、近藤利樹君のサイトから以下のご案内です! 世界的にタコブームなんで、年々の盛り上がり、楽しみになってきました! …

Takoも世界語に!

先日、ホノルルの製麺所に試食に出かけましたが、そのとき蛸グッズが町にあふれててビックリ。 たくさん買い込んで歩いていると、すれ違う外国人か…

おそらく世界初、蛸半夏生ならではの、真蛸つけ麺。

NHK「あさイチ」のリハーサル後、早稲田の巌哲さんへ。 蛸半夏生キャンペーンに合わせて、明石のマダコをつかった麺と、蛸飯を準備されていまし…

ページ上部へ戻る