© コナモン資料室 All rights reserved.

130/ ぼった焼きの師匠

親子パン教室

日清製粉の親子パン教室に、今年も協会として協力させてもらいました。ウッスマン&コナモンちゃんとの記念撮影をキーホルダーにしてプレゼントする趣向も喜んでもらい、子供たちの石臼を一生懸命まわす姿が印象的でした。

さて、担当の海老澤さんが、東京千住のご出身で、ぼった焼きについて教えてくださいました。ぼった焼きはもんじゃなのだそうです。子供のときは、毎日のように、20円、30円でどてをつくってぼった焼きを楽しんだということです。お好み焼きの原型でもある、どんどん焼き、どんど焼きということばも、小さい頃からつかっていたそうです。

駄菓子やさんでの、ぼった焼きが今ものこってるのなら、ぜったい出かけてみたいものです。海老澤さん、また連れてってくださいね!

 

関連記事

第10回からあげグランプリ授賞式

第10回からあげグランプリ授賞式@目黒雅叙園 「日本の唐揚げが世界を変える」として、驀進中の日本唐揚協会の授賞式が 4月17日、華々しく…

チーズ&天然酵母のバゲット

以前、よく買っていたコロッケ屋さんが売り切れだったので、近くのパン屋さんへ。 こちらでバゲットとカンパーニュを買って、チーズパーティです。…

たこやきジャンボリー

先週末に開催されたたこ焼きイベント。 たこ焼きを食べるのはもちろん、遊びにもぴったりで、私も子供なら、めちゃくちゃはしゃいでたことでしょう…

ただ者でない混ぜ方

針中野には、会津屋さんの2代目を支えていた分家がありました。 その時代からいいお店はありましたが、まさかここにお好み焼の名店があるとは・・…

オラ、Komagawa!

副会長御用達、駒川の名店の一つにおじゃましました。 今年度から当協会の相談役を新たにお願いした 信州大学農学部の松島准教授と協会メンバー…

ページ上部へ戻る