© コナモン資料室 All rights reserved.

米朝一門会

毎年恒例の米朝一門会。

石毛理事が米朝さんと懇意にされていましたし、私も何かとご縁をいただき、米團治さんはじめ、師匠の皆さんともご一緒する機会に恵まれています。

落語には、食べるシーンも多いのですが、入門的には、「時うどん」があるように、上方の麺文化は落語の世界でも脈々と継承されています。

今日はざこばさんの「上燗屋」で豆や雪花菜が登場しました。

米團治さんは米朝さん仕込みの人差し指から始める三本締めを。

楽屋の南光さんをお訪ねすると、オリジナルの泉州タオルを。絵柄はいつもの手ぬぐいと同じですが、サラダの水切りにも活用できるそうです。

母と聴く 米朝一門 初落語

そのまんまです(^^;;

 

 

関連記事

さようなら、徳家のハリハリ

ハリハリ鍋といえば、今ではあちこちにありますが 大阪の食文化発祥のハリハリは、鯨なんです。 その名店が明日、閉じようとしています。 今…

コンビニのカレーパン

カリカリカレーパンというタイトルをみて、どれくらいカリカリなのか確かめました。 カリカリというのは言い過ぎですが、カレーの味わいも、…

デパ地下ワッフル

懐かしいおやつのひとつに、コロンバンのワッフルがあります。それに近いタイプが売っていたのでつい。クリームとイチゴ、ワッフル生地は 王道ですね…

冷凍うどんの誕生

昭和、平成を振り返る番組が続く中、万博きっかけの冷凍うどん業界についても紹介されていました。 私も万博のベルギー館で食べたポテトフリットの…

タコ養殖の是非

  水産資源との向き合い方は、いろんな考え方があるので、とくに難しいです。…

ページ上部へ戻る