© コナモン資料室 All rights reserved.

第48回 道頓堀たこ家くくる

☆★☆ たこやきめぐり 第48回 ☆★☆

おいもとタコの歴史的な出会い
-  道頓堀たこ家くくる -

 何年前になるだろうか。
 TBSの番組で高橋真美ちゃんがレポートするのに何度か同行したことがある。
彼女は欽ちゃんの番組に出ていた、のぞみ、かなえ、たまえ3姉妹の一番ふっくらしたたまえ役でお馴染み。
 真美ちゃんは東京っ子だから、浪花のたこやきにはどれも驚いていたが、このくくるでは真美ちゃん以上に、私が驚いたたこやきがあった
道頓堀くくる本店 店頭
大阪名物びっくりたこ焼き
 それは「大阪名物びっくりたこ焼」。
 板にのった銅板に8個のたこやき。そのふんわり玉子色から、なんとタコの足まるごと一本が飛び出している
 飛び出すというより、タコの足がはえているというか、植物のようにニョキッとつったっていて、その根本をたこ焼のコナがくるんでいるというか、1500円という値段もお安く感じるほどのタコのボリューム
 確か、マイクのように足を手でもって、2人でかぶりついた記憶があるが、その強烈な印象が、いまだに鮮明なのだ。
 以来東京から来たお客さんをこの界隈にお連れしたときは、くくるのタコ足8本攻めたこ焼を味わう、というか見てもらうというか、浪花のインパクトを体感してもらっている
びっくっりたこ焼き製造中
カウンター越しで焼けてるのが見えます
 道頓堀は、かに、ふぐ、くいだおれ人形の動く広告オブジェ発祥の地でもあるが、御堂筋からはいって一番最初にあるのが、7 年前からというくくるのタコオブジェ
 川に面したビルの2階、そのロケーションの良さもさることながら、きちんと先輩店に習っての動くタコにはだれもがエールを贈るはず。
 取材に応じてくださったのは、くくる事業本部課長山本明宗さん。
 名刺を見ると、守口に本社がある、白ハト食品工業株式会社
 昭和22年に白ハト商店として創業、映画館で販売されるアイスモナカ中心の製造、販売としてスタートした。

 井原西鶴の小説にでてくる「この世女の好むもの、いもたこなんきん、芝居にこんちゃく・・」というくだりをヒントに、昭和41(1966)年スイートポテトを商品化
そうこの会社はタコはもとよりいもにこだわっているというわけなのだ。
たこ焼き8個
山本明宗課長と真菜さん
 48(1973) 年には明石焼、50(1975)年ポテトアップルパイ、51(1976)年にたこ焼、
60(1985)年には道頓堀にタコヤキハウスをオープン、私も食べた記憶があるが、
タコの代わりにチョコレートとかいろんなものを入れた変わりたこ焼だった。
64(1989)年にはたこ焼専門店として、地酒も飲める今の形態がはじまった
  名古屋方面のアピタ、3 年前からは東京へも進出、シンガポール大丸にも直営店をだしている。
おいもさんのお店ラポッポとともに、たこ焼くくるの配送車はあちこちでみかけるようになった。
 いもとたこに素材をしぼりこんだ社長のアイデアもすばらしいし、店を「たこといものディズニーランド」にしたいという専務のコンセプトも正しい
おいしそうなたこ焼き
この世女の好むもの・・・
「ラポッポ」も「くくる」もハトの鳴き声からのネーミングと聞いて、いもとたこの不思議な因縁にも納得することができた。
 ただし私はまだ、くくるのテイクアウトの味を知らない。私にとってのくくるのたこ焼は、タコの足が飛び出した、びっくりたこ焼なのだ。

(2000.8.25 取材)

以上、熊谷 真菜

《探偵メモ》

店 名くくる 道頓堀本店
住 所大阪市中央区道頓堀1-10-7 ぼんちビル2F
地下鉄御堂筋線 なんば駅下車14番出口上がる
TEL06-6212-7381
営 業PM12:00~16:00/PM17:00~22:30
定休日無休
席 数41名

H12.8.25現在のメニュー

たこ焼き 600円
明石焼き 600円
たこの唐揚げ560円
大阪名物びっくりたこ焼き1500円
「道頓堀くくる」の他の店舗は、次のホームページでご確認ください。

白ハト食品工業株式会社 ホームページ http://www.shirohato.com/


探偵のコメントかな探偵のコメント
 道頓堀くくるの名をきいて最初に思い出すのは、本店にあるリアルなたこの看板。
本店のたこ焼きは新鮮なたこづくし料理のひとつという感じでたこを思う存分味わえる数少ない店。新鮮なたこを活かした玉子たっぷりで大きくてやわらかいもの。
でも、くくるのたこ焼きは、本店のたこ焼きやびっくりたこ焼きより、百貨店などにあるテイクアウト方式の店の方が個人的には好き。
全般的に大玉で、玉子の多い明石焼き風かつおやねぎをたっぷりかけてくれます。
少しやわらかいがたこのだしがぐっとしみています。チャレンジ精神も旺盛で時々変わったものを中に入れたりして新メニュー新製品をPRしてます

 くくるが、あのおいものお店「らぽっぽ」さんと同じ会社だったと聞いて大変驚きました。がっ!それ以上に驚いてしまったのは「びっくりたこ焼き」かも・・・
値は張りますが一食の価値ありありです。
くくるにはこれからも気軽に立ち寄れるたこ焼きやさんでいてほしいです。
そして・・・。なんばにも「らぽっぽ」つくってほしいな・・・と・・・。
発信日:2000年11月16日

※この情報はインターネット黎明期である1995年に開設された世界で初めてのたこやき専門ウェブサイト「熊谷真菜のページ」内の、これまた世界で初めてのたこ焼き食べ歩きサイト「月刊たこやきめぐり~なにわのたこやきめぐり」に掲載されていた情報です。
※お店の住所・電話番号・価格など、内容は特に記述のないものは取材当時のものです。
※お店の公式サイトなど、リンク先が閉鎖されたり変更されている可能性があります。
※紹介したお店はすでに移転・閉店されている場合がありますのでご注意ください。

関連記事

さようなら、徳家のハリハリ

ハリハリ鍋といえば、今ではあちこちにありますが 大阪の食文化発祥のハリハリは、鯨なんです。 その名店が明日、閉じようとしています。 今…

コンビニのカレーパン

カリカリカレーパンというタイトルをみて、どれくらいカリカリなのか確かめました。 カリカリというのは言い過ぎですが、カレーの味わいも、…

デパ地下ワッフル

懐かしいおやつのひとつに、コロンバンのワッフルがあります。それに近いタイプが売っていたのでつい。クリームとイチゴ、ワッフル生地は 王道ですね…

冷凍うどんの誕生

昭和、平成を振り返る番組が続く中、万博きっかけの冷凍うどん業界についても紹介されていました。 私も万博のベルギー館で食べたポテトフリットの…

タコ養殖の是非

  水産資源との向き合い方は、いろんな考え方があるので、とくに難しいです。…

ページ上部へ戻る