© コナモン資料室 All rights reserved.

混ぜ焼き研修@オタフクソース

 

オタフクソースの高森顧問の指導のもと、キャベツのみじん切り、粗みじん、千切りで混ぜ焼きがどう変わるか、どう焼き方を変えるかなど学びました。

ある程度は理解していたつもりですが、初心にかえって、頭の引き出しを整理することができました。

それにしてもみじん切りの豚玉の魅力再発見です!

関連記事

大牟田の駄菓子屋系お好み焼き

福岡県大牟田市には、コナモン店が多いような予感で降り立ちました。 タクシーの運転手さんによれば、駄菓子屋さんがお好み焼きを焼いてることが多…

バッテラ

岡町のうどんの老舗、土手嘉さんのバッテラ。 うどんは無理ですが、バッテラはお土産にも最適。 サバの厚みで言うと、八戸の鯖寿司の対極にあり…

玉名市のガレット、クレープ

いだてん、で盛り上がる町は、ずいぶん昔からコナモンの町でもあるようです。 (さらに…)…

チキン南蛮人気店

こちらも唐揚協会さんからの画像です。 おいしいんでしょうね‼︎ …

フノヤキ風どら焼き

テレビで、京都の和菓子屋さんでの特別などら焼きを紹介していました。 生地を(熊本ちょぼ焼き風に)流して、そこに小豆餡をおいて、巻いていくも…

ページ上部へ戻る