© コナモン資料室 All rights reserved.

2181/ うながっぱ誕生の地

多治見に100年続く、両藤舎。

中日新聞販売所として、昔は朝の牛乳も扱っていたという老舗、いまは4代目佐藤円一郎くんが社長として仕切っています。

由緒ある本家の玄関に、織部のうながっぱくんを発見。

やなせたかし作のうながっぱくんだけに、あの強烈な配色もステキですが、織部の落ち着いたものなので、

こういったおごそかな空間でも違和感ありません。

 

101113_1554~01.jpg

先ほどの、パンやさんでは、ゆながっパンも忠実に再現されていましたが、

多治見の今後の展開、すっごく楽しみです!

101113_1554~01.jpg

関連記事

祝!令和記念 会長熊谷、Netflix デビュー!

昨年夏に収録したNetflixのドキュメンタリー番組「Street Food Asia」が公開です。 Chef's Tableの監督による…

甲子園球場デビュー!

甲子園球場での粉もん祭りの初日、爽やかな新緑の風の中、素晴らしいスタートとなりました。出店してくださったお店の皆さま、関係者の皆さま、本当に…

粉もん祭り@甲子園球場

甲子園球場で、2019年シーズンに開催するフードイベントを「祭シリーズ」として 「甲子園粉もん祭」が開催されます。…

アップルパイ

何店かあるアップルパイ店。 アップルパイも奥が深そうです。 パイ倶楽部さんとも御無沙汰してるな・・って思いました。…

小腹満たし

時間がないときの緊急食です。 ファミマのタピオカは、やや小粒で歯切れのいいタイプ。 ソフトな蒟蒻風ですが、蒟蒻は入ってないようです。 …

ページ上部へ戻る