© コナモン資料室 All rights reserved.

2181/ うながっぱ誕生の地

多治見に100年続く、両藤舎。

中日新聞販売所として、昔は朝の牛乳も扱っていたという老舗、いまは4代目佐藤円一郎くんが社長として仕切っています。

由緒ある本家の玄関に、織部のうながっぱくんを発見。

やなせたかし作のうながっぱくんだけに、あの強烈な配色もステキですが、織部の落ち着いたものなので、

こういったおごそかな空間でも違和感ありません。

 

101113_1554~01.jpg

先ほどの、パンやさんでは、ゆながっパンも忠実に再現されていましたが、

多治見の今後の展開、すっごく楽しみです!

101113_1554~01.jpg

関連記事

タコの養殖、実現へ?!

静岡おでんの名店

静岡の名店、とは知らず訪ねたんですが、若い三代目がしっかりされてて非常にいい出会いとなりました。 最近の試食続きで、たくさん食べられなかっ…

富士宮やきそば学会会長のお別れ会

渡邉会長のお別れ会が、快晴で見事な富士山が見守るなか、富士宮でありました。 祭壇の渡邉さんの笑顔をみると、前向きにポジティブに楽観的に、町…

絶品きつね、かすうどん@新大阪

この季節のおうどんは、体にしみますね。 あったかいおだし、これを考えた人はすごいです。 釜たけうどんが、新大阪にもできまして、新幹線に乗…

ねぎ焼セットお披露目

日本コナモン協会推薦の商品が、先日の日本アクセスさんの展示会の 日清フーズさんブースで登場です。 小さな家族向けのセット商品ですが、ふん…

ページ上部へ戻る