© コナモン資料室 All rights reserved.

2175/ 初ワッサン@Tonton Remy

一面のクロワッサン、いまから焼くところです。

101108_1348~01.jpg

焼きあがりは、こんな感じ、めっちゃふわサク。

八尾のレミーおじさんは、フランス各地で半世紀以上パンを焼き続けた、生粋のブーランジェリー。

作るのが大好きなので、私たちに作らせるよりも、自分で作ってしまう方なんです。

クロがほとんど聞こえないので、レミーさん、ワッサン、ワッサン・・といってるみたいです。

101108_1348~01.jpg

クロワッサンの生地で、フルーツデニッシュ。

飾りつけはけっこうむずかしい・・。

101108_1348~01.jpg

チョコデニッシュも、焼く前は細いのに、焼くとほら・・アーモンドのぜすぎたかな。

101108_1348~01.jpg

ランチは、クロワッサンにホワイトソースをはさんで焼いた、レミーさんの奥さん作、ゲキウマクリームシチュウクロワッサンサンド。

そのオマケのパンたちもめちゃ旨で。

こちらは、キャラウェイと粒塩をのせた、イタリア風。この食感も最高でした。

101108_1348~01.jpg

関連記事

ケールの洋食焼き1号店

トキタ種苗さん、キユーピーさんと千陽さんへ。 ケールの洋食焼き、ケール入りの道頓堀やきそばなど、いろいろ出していただきました。 時田社長…

イタリアンベジの美味しい展示会

トキタ種苗さんの展示会が、大阪マルビルでありました。 イタリアのお野菜中心に、ケールやラディッキオ、ナスもいろんな色合いがあり、春らんまん…

タコの養殖、実現へ?!

静岡おでんの名店

静岡の名店、とは知らず訪ねたんですが、若い三代目がしっかりされてて非常にいい出会いとなりました。 最近の試食続きで、たくさん食べられなかっ…

富士宮やきそば学会会長のお別れ会

渡邉会長のお別れ会が、快晴で見事な富士山が見守るなか、富士宮でありました。 祭壇の渡邉さんの笑顔をみると、前向きにポジティブに楽観的に、町…

ページ上部へ戻る