© コナモン資料室 All rights reserved.

2122/ 讃岐の原種@よしや@釜たけ

釜たけうどんで開催される夢の1週間、udon fantasista 今日は香川宮武さんの正統派を受け継ぐと言われている完全手打ちのよしやさんです。

行列が苦手なので、明日出店の徳島名麺堂、ガンボさんの解説を聞きながら待ちます。

ガンボさんも愛用する日讃製粉の緑あひるはプリミティブな粉ということで、讃岐の原種、原形みたいな麺ができるそうです。

セルフでまず天ぷらをとり、ひやあつ、しょうゆ、ぶっかけをオーダー。 天ぷらは大原さん担当ですが、武ちゃんは皿洗い担当。

釜たけの非日常空間のセンターでよしや店主、山下さんが、ひたすら麺を熨しては切ります。

まるでスポットライトがあるかのようにな天才うどん職人の笑顔と、限りなく素直で飾らない、率直な麺に、思わず胸がこみあげるのでした。

讃岐うどんって、本当はこんなに優しい人なつっこい麺だったんですね!

100928_1238~02.jpg

ひやあつ。

100928_1238~02.jpg

限定ぶっかけ。

100928_1238~02.jpg

しょうゆ。冷にすればよかった・・

パプアさんが食べ損なった、うどん玉子コロッケは絶品でした。

100928_1238~02.jpg

100928_1238~02.jpg

関連記事

20198/17

出町桝形商店街

出町座に海獣の子を見に行った流れで、商店街散策を。 阿舎利餅の販売店や、天ぷら屋さんもあり、あれこれと食べ歩きで…

おいりのソフト

サービスエリアで、おいりのソフトクリームを発見。 フォトジェニックな雰囲気はもちろん、食感も素晴らしいです! &n…

伊予の讃岐うどん定食

大洲のアーティスト、團上さんをおたずねしました。 23歳というのに凄いオーラで、一気にファンになってしまいました。 お宅…

プリン2種

同じぐらいの値段で、同じように並んでいると、比べたくなります。 黄身のプリンのほうが、色目は黄身っぽくないのですが、滑らかさとい…

美し過ぎる豚玉

充実してると名高い、スーパーフジの総菜コーナーへ。 肉じゃがはじめ、いろんなおかずのレベルが高いのもビックリですが、 …

ページ上部へ戻る