© コナモン資料室 All rights reserved.

2081/ 朝ごはん@高橋家

篤子さんのお宅は、山からの清らかな水が流れる高台のうえにあります。

お台所からみえる景色は、日本の原風景、お水の冷たさが心地よいです。

きっと冬はもっと人肌に近くなって、夏は涼しく、冬は暖かく、自然の理がいきわたった住空間なのです。

100714_0733~01.jpg

朝ごはんも、お姑さん、篤子さんといっしょにいただきました。

手前は、近所の山で採れた幻のかのか茸。

篤子さんの姑さん100713_1913~01

茸狩り名人のご主人は昨晩、飲みすぎで、朝寝坊されてます。

 

 

この地に嫁入りする可能性はもはやありませんが、次に生まれてくるなら、迷わず高橋家に生まれたいと思うのでした。

関連記事

インスタ映えとおいしさの関係

朝日新聞からインタビューを受け、資料提供しました。 また、インスタ映えお好み焼をめっせ熊さんで撮影させていただきました。 開高…

タイのコナモン事情

  タイ、バンコクのコナモン事情、嬉しいことに、たこ焼きも進化してます! https://www.nisshin.…

コナモン市場調査

https://www.nisshin.com/entertainment/konamon/research/vol4…

お好み焼の魅力

インバウンドでも人気のお好み焼、その魅力について、紹介させていただきました。 …

バターフィナンシェ

おみやげにいただきました。 フィナンシェもバターも大好きなので、強力です。…

ページ上部へ戻る