© コナモン資料室 All rights reserved.

赤湯の焼きそば

蕎麦や稲、トウキビの実りを眺めながら赤湯へ。

こちらの南陽町は、温泉とラーメンの町だそうです。

昭和33年からの龍上海さんは定休日。

でも22歳から46年やってるという、さかえ食堂さんの

2度蒸しの焼きそばを頂くことができました。

スープも合います!

中華は手打ち、創業から仕込みの丁寧さは変わってないのが凄いことです。

関連記事

おやき最前線

おやき女子、大活躍! 野菜の日(8月31日)にちなんで、おやきレポートがアップされました。 小麦粉消費率の高…

つけ麺の映画

たまたま移動中に見たんですが やっぱり食べたくなりますね。 敬愛する山岸さんのお弟子さんだそうですが 今やラー…

ぶどうの季節

ぶどうの季節 ですね。 大粒の見事な4種が届きました。 小学生の時に、巨峰が出てきて ピオーネやマスカットに大喜びしてた時代から…

たこせん@朝日新聞

たこせん再注目! 朝日新聞の記事で、「たこせん」がテーマになり、 以下のサイトにアップされています。 朝日新聞 8月28日付「勝手…

初代コナモン大使のご活躍

初代コナモン大使、世界バレースペシャルサポーター! 2014年、デビュー会見にてコナモン大使に任命させていただいた ジ…

ページ上部へ戻る