© コナモン資料室 All rights reserved.

黒崎の絶品モツお好み

この街で生まれ、高度経済成長期には吹田にいた女将さんが

30年前こちらに戻って開店したお好み焼屋さん。

混ぜ焼きですが、もやしと鳥モツ(赤モツ)が特徴的。

まずはヤクルトで焼く間待ってね、と。

近所の人が通う気持ちがよくわかります。

ソースはこのエリア独特の濃いやつで、

焼うどんも美味しそうでした。

いま78歳なんで、あと7年頑張るわ、とのこと。

大先輩の愛情いっぱいを味わいながら、お好み焼きのあるべき姿、原点の世界を心に刻むのでした。

関連記事

おいりのソフト

サービスエリアで、おいりのソフトクリームを発見。 フォトジェニックな雰囲気はもちろん、食感も素晴らしいです! &n…

伊予の讃岐うどん定食

大洲のアーティスト、團上さんをおたずねしました。 23歳というのに凄いオーラで、一気にファンになってしまいました。 お宅…

プリン2種

同じぐらいの値段で、同じように並んでいると、比べたくなります。 黄身のプリンのほうが、色目は黄身っぽくないのですが、滑らかさとい…

美し過ぎる豚玉

充実してると名高い、スーパーフジの総菜コーナーへ。 肉じゃがはじめ、いろんなおかずのレベルが高いのもビックリですが、 …

2種類の鯛めし

鯛めしには、松山の炊き込みタイプと、宇和島の生のタイプがあるそうですが、どちらも食べられるお店はありがたい…

ページ上部へ戻る