© コナモン資料室 All rights reserved.

炊肉という絶妙@鹿児島

このたび、鹿児島での最高の驚きは、焼肉、ではなく、炊肉という世界に入ってしまったことでした。

モツのおいしさ、栄養、カロリーのすべてを1滴も無駄にしない、体に取り込む食べ方とそれを可能にするお鍋。

目からウロコです!

しめのうどん+ご飯の一体感、あと3回くらいいけそうな、ミラクルおいしさでした。

関連記事

おいりのソフト

サービスエリアで、おいりのソフトクリームを発見。 フォトジェニックな雰囲気はもちろん、食感も素晴らしいです! &n…

伊予の讃岐うどん定食

大洲のアーティスト、團上さんをおたずねしました。 23歳というのに凄いオーラで、一気にファンになってしまいました。 お宅…

プリン2種

同じぐらいの値段で、同じように並んでいると、比べたくなります。 黄身のプリンのほうが、色目は黄身っぽくないのですが、滑らかさとい…

美し過ぎる豚玉

充実してると名高い、スーパーフジの総菜コーナーへ。 肉じゃがはじめ、いろんなおかずのレベルが高いのもビックリですが、 …

2種類の鯛めし

鯛めしには、松山の炊き込みタイプと、宇和島の生のタイプがあるそうですが、どちらも食べられるお店はありがたい…

ページ上部へ戻る