© コナモン資料室 All rights reserved.

大牟田の駄菓子屋系お好み焼き

福岡県大牟田市には、コナモン店が多いような予感で降り立ちました。

タクシーの運転手さんによれば、駄菓子屋さんがお好み焼きを焼いてることが多く、こちらも50年くらいあるお店なんですが、建物は新しくなって、駄菓子コーナーは小さくなっていました。

それでも学校帰りの子どもたちが、やってきて賑わいます。

こちらのお好み焼きは、フナヤキと言われる、二つ折りのタイプ。

昔の面影をのこしてくれて、ありがたいです。

ソースも今のものと違って、みたらし団子のタレのような味がします。

数は減ってるものの、コナモン文化の一端におじゃますることができました。

関連記事

コナモンと大阪@立命館大学アカデミックセンター

肉肉学会メンバーでもあり、立命館大学食マネジメント学部の和田教授が聞き手なので、 楽しいセミナーになると思います。 ご来場、お待ちしてい…

富士宮やきそばシンポジウム

富士宮やきそば学会の渡辺代表にお招きいただきました。 フードバレー構想から15年以上、渡邉会長亡き後、さらに盛り上げることが、ミッション麺…

タコなベイベー、本番デー!!

三代目コナモン大使、近藤利樹君のサイトから以下のご案内です! 世界的にタコブームなんで、年々の盛り上がり、楽しみになってきました! …

Takoも世界語に!

先日、ホノルルの製麺所に試食に出かけましたが、そのとき蛸グッズが町にあふれててビックリ。 たくさん買い込んで歩いていると、すれ違う外国人か…

おそらく世界初、蛸半夏生ならではの、真蛸つけ麺。

NHK「あさイチ」のリハーサル後、早稲田の巌哲さんへ。 蛸半夏生キャンペーンに合わせて、明石のマダコをつかった麺と、蛸飯を準備されていまし…

ページ上部へ戻る