© コナモン資料室 All rights reserved.

大牟田の駄菓子屋系お好み焼き

福岡県大牟田市には、コナモン店が多いような予感で降り立ちました。

タクシーの運転手さんによれば、駄菓子屋さんがお好み焼きを焼いてることが多く、こちらも50年くらいあるお店なんですが、建物は新しくなって、駄菓子コーナーは小さくなっていました。

それでも学校帰りの子どもたちが、やってきて賑わいます。

こちらのお好み焼きは、フナヤキと言われる、二つ折りのタイプ。

昔の面影をのこしてくれて、ありがたいです。

ソースも今のものと違って、みたらし団子のタレのような味がします。

数は減ってるものの、コナモン文化の一端におじゃますることができました。

関連記事

第10回からあげグランプリ授賞式

第10回からあげグランプリ授賞式@目黒雅叙園 「日本の唐揚げが世界を変える」として、驀進中の日本唐揚協会の授賞式が 4月17日、華々しく…

チーズ&天然酵母のバゲット

以前、よく買っていたコロッケ屋さんが売り切れだったので、近くのパン屋さんへ。 こちらでバゲットとカンパーニュを買って、チーズパーティです。…

たこやきジャンボリー

先週末に開催されたたこ焼きイベント。 たこ焼きを食べるのはもちろん、遊びにもぴったりで、私も子供なら、めちゃくちゃはしゃいでたことでしょう…

ただ者でない混ぜ方

針中野には、会津屋さんの2代目を支えていた分家がありました。 その時代からいいお店はありましたが、まさかここにお好み焼の名店があるとは・・…

オラ、Komagawa!

副会長御用達、駒川の名店の一つにおじゃましました。 今年度から当協会の相談役を新たにお願いした 信州大学農学部の松島准教授と協会メンバー…

ページ上部へ戻る