© コナモン資料室 All rights reserved.

昭和から平成、福田流から末広さんへ

熊本市平成駅です。隣には昭和タクシーの看板も。

この周囲のコナモンを訪ねた旅は、かなり充実していましたが、そろそろおわりが近づいてきました。

しめくくりとして、熊本県民テレビさんが同行してくださり、平成駅から、福田さんのお店の跡地、そして末広さんへと回ることができました。

末広の浅井社長は、福田さんの味に中学生ぐらいから慣れ親しんだ方で、懐かしい味を末広風にアレンジして、熊本名物を守っておられます。y

浅井社長、テレビのカメラさん、私の3人が同年代ということで、お話もはずみ、楽しいロケになりました。

熊本の楽しさとおいしさをこれからは意識的にお伝えしていきたいものです。

関連記事

大牟田の駄菓子屋系お好み焼き

福岡県大牟田市には、コナモン店が多いような予感で降り立ちました。 タクシーの運転手さんによれば、駄菓子屋さんがお好み焼きを焼いてることが多…

バッテラ

岡町のうどんの老舗、土手嘉さんのバッテラ。 うどんは無理ですが、バッテラはお土産にも最適。 サバの厚みで言うと、八戸の鯖寿司の対極にあり…

玉名市のガレット、クレープ

いだてん、で盛り上がる町は、ずいぶん昔からコナモンの町でもあるようです。 (さらに…)…

チキン南蛮人気店

こちらも唐揚協会さんからの画像です。 おいしいんでしょうね‼︎ …

フノヤキ風どら焼き

テレビで、京都の和菓子屋さんでの特別などら焼きを紹介していました。 生地を(熊本ちょぼ焼き風に)流して、そこに小豆餡をおいて、巻いていくも…

ページ上部へ戻る