© コナモン資料室 All rights reserved.

昭和から平成、福田流から末広さんへ

熊本市平成駅です。隣には昭和タクシーの看板も。

この周囲のコナモンを訪ねた旅は、かなり充実していましたが、そろそろおわりが近づいてきました。

しめくくりとして、熊本県民テレビさんが同行してくださり、平成駅から、福田さんのお店の跡地、そして末広さんへと回ることができました。

末広の浅井社長は、福田さんの味に中学生ぐらいから慣れ親しんだ方で、懐かしい味を末広風にアレンジして、熊本名物を守っておられます。y

浅井社長、テレビのカメラさん、私の3人が同年代ということで、お話もはずみ、楽しいロケになりました。

熊本の楽しさとおいしさをこれからは意識的にお伝えしていきたいものです。

関連記事

さようなら、徳家のハリハリ

ハリハリ鍋といえば、今ではあちこちにありますが 大阪の食文化発祥のハリハリは、鯨なんです。 その名店が明日、閉じようとしています。 今…

コンビニのカレーパン

カリカリカレーパンというタイトルをみて、どれくらいカリカリなのか確かめました。 カリカリというのは言い過ぎですが、カレーの味わいも、…

デパ地下ワッフル

懐かしいおやつのひとつに、コロンバンのワッフルがあります。それに近いタイプが売っていたのでつい。クリームとイチゴ、ワッフル生地は 王道ですね…

冷凍うどんの誕生

昭和、平成を振り返る番組が続く中、万博きっかけの冷凍うどん業界についても紹介されていました。 私も万博のベルギー館で食べたポテトフリットの…

タコ養殖の是非

  水産資源との向き合い方は、いろんな考え方があるので、とくに難しいです。…

ページ上部へ戻る