© コナモン資料室 All rights reserved.

959/ Malaysian Report 【29】Pai Tee again

マラッカで食べたパイティーにまた出会いました。 外側は市販であるはずなので、買ってかえれば、日本でも再現できるメニューなのです!  080810_203302_2080810_203801080810_203401_2

Berjaya Times Square  で日本食レストランに行こうとしましたが、店構えやメニューの内容から、これは値段が高いだけ・・・と判断し、チェーンらしきマレー風のChicken Rice Shopで、パイティーを発見、そこで食べることにしました。

チキンは、蒸し、焼き、味つけして焼き、燻製など4種から選べます。その写真を撮りたかったのですが、マネージャーのOKが出ませんでした。けっこう人気店のようです。

ここでもカイラン菜、Pak Choy with Oyster Sauce を注文。このぶっとい根っこが、またうまいんでっす。

ドライの雲呑ミーに蒸しタイプのチキン、娘はごはんを注文してましたが、私、080810_212101 080810_212301 これが毎日でもうれしいです。

5個4.99リンギットのPai tee。皮の食感がサクサクなのと、なかの切干かぶらもいい味付けで、最高のPai Tee でした。チリソースをつけて、赤ワインでもあれば完璧ですが、ここはマレー系レストラン、よってアルコール類はご法度なのでした。残念~!

大満足のあと、Asam Laksa を見つけたので、トライしましたが、独特の香りととろみ、しかも麺が米系ですが、うどんの太さで、ビギナーには慣れないタイプ。「カレーのようで、カレーでない、ベンベン!」080809_173601

だしは魚系も強く、泥臭さもあって、麺とのからみももう一つ。

もっといろいろ食べ比べないとわかりません。マレーの食文化も深いのです。

関連記事

コナモンと大阪@立命館大学アカデミックセンター

肉肉学会メンバーでもあり、立命館大学食マネジメント学部の和田教授が聞き手なので、 楽しいセミナーになると思います。 ご来場、お待ちしてい…

富士宮やきそばシンポジウム

富士宮やきそば学会の渡辺代表にお招きいただきました。 フードバレー構想から15年以上、渡邉会長亡き後、さらに盛り上げることが、ミッション麺…

タコなベイベー、本番デー!!

三代目コナモン大使、近藤利樹君のサイトから以下のご案内です! 世界的にタコブームなんで、年々の盛り上がり、楽しみになってきました! …

Takoも世界語に!

先日、ホノルルの製麺所に試食に出かけましたが、そのとき蛸グッズが町にあふれててビックリ。 たくさん買い込んで歩いていると、すれ違う外国人か…

おそらく世界初、蛸半夏生ならではの、真蛸つけ麺。

NHK「あさイチ」のリハーサル後、早稲田の巌哲さんへ。 蛸半夏生キャンペーンに合わせて、明石のマダコをつかった麺と、蛸飯を準備されていまし…

ページ上部へ戻る