© コナモン資料室 All rights reserved.

堀江のお菓子工房

昨年から大好きなお店の工房におじゃましました。

シェフパティシエはシャイな方なので、多くは語りませんが、その硬派な感じ、信頼できます。

パータフォンセという、タルト生地をベースに独特の食感を出すための丁寧な工程を

いちど拝見したいものですが、なかなか見せてもらえないのが、逆にいまの時代、ありがたくも感じるわけです。

関連記事

目黒の広島流ネギぶっかけ

広島流お好み焼き店が増えてる関東圏ですが、目黒駅前に発見しました。 生地をひいて、けずり粉、キャベツ、もやし、生地、天かす、豚・・リズミカ…

目黒のナポリピッツァ

ナポリピッツァがすっかり日本にも定着して嬉しい限りですが、こちらの窯の大きさを見ると、ほんまもん感の圧がすごいです。 1人だったので、ナポ…

東急不動前のたぬきときつね

目黒まで出かけたついでに、不動前探索です。 駅すぐ前のお好み焼き店は、創業3年ぐらい、残念ながら開店前ではいれませんでしたが、 この界隈…

鶏ざんまい@京橋

創業90年の鶏肉の卸問屋さんのお店に行きました。 砂ぎもの唐揚、表面だけあぶったむねにくの刺身、独特の食感に感激です。 クジラのハリハリ…

自家製ワッフル

ワッフルにはまってる知人から、試作をいただきました。 このタイプのワッフルは、関西人にとってはコロンバンのワッフル、子どものころ母のおみや…

ページ上部へ戻る