© コナモン資料室 All rights reserved.

堀江のお菓子工房

昨年から大好きなお店の工房におじゃましました。

シェフパティシエはシャイな方なので、多くは語りませんが、その硬派な感じ、信頼できます。

パータフォンセという、タルト生地をベースに独特の食感を出すための丁寧な工程を

いちど拝見したいものですが、なかなか見せてもらえないのが、逆にいまの時代、ありがたくも感じるわけです。

関連記事

インスタ映えとおいしさの関係

朝日新聞からインタビューを受け、資料提供しました。 また、インスタ映えお好み焼をめっせ熊さんで撮影させていただきました。 開高…

タイのコナモン事情

  タイ、バンコクのコナモン事情、嬉しいことに、たこ焼きも進化してます! https://www.nisshin.…

コナモン市場調査

https://www.nisshin.com/entertainment/konamon/research/vol4…

お好み焼の魅力

インバウンドでも人気のお好み焼、その魅力について、紹介させていただきました。 …

バターフィナンシェ

おみやげにいただきました。 フィナンシェもバターも大好きなので、強力です。…

ページ上部へ戻る