© コナモン資料室 All rights reserved.

さようなら渡邉会長

富士宮やきそば学会会長、渡邉英彦さんが、2018年12月19日にお亡くなりになりました。

私にとっては、B-1以前から兄のような存在で、緻密なダジャレ戦略と町おこしヴィジョンは日本の宝ともいえる素晴らしいものを残してくださいました。

4月に富士宮におじゃましたときには、私の取材に夜までおつきあいくださり、

筆楽園に入門した私が選んだ万年筆のペン先をやすりで磨いてくださったり、ペリカンのインクまで持って帰ってと頂戴したり、なんだかこれで最後になるかもとどこかで覚悟はしていましたが、その通りになってしまいました。

秋にお電話したときは、書斎をつくってるから、完成さいたら招待するよ・・とその言葉を信じていましたが、お亡くなりになる前日くらいに、外苑前の文房具屋さんで渡邉さんにプレゼントしようと真鍮の定規を買って、どちらに送ろうかと思っていた矢先の訃報でした。

グルメによる町おこし、若者、バカ者育成、筆楽園という楽しみ・・・さまざまな意味で私の師匠であり、友人であり、兄様でした。

また大切な方を若くして失った欠落感は、なかなか埋まるものではありませんが、これからはうちの事務局長とともに、見守ってくださると思うと、それはそれで心強いものがあります。

文具の雑誌で、手帖を公開されているんですが、その文字の美しさ、彩り、内容、見事な財産のなかに、「日本コナモン協会 熊谷真菜ちゃんに会う」というのがあって、わざわざそのページを選んでくださったのか、偶然だったのか、確かめるのを忘れたままでした。

またそちらに行ったときに、万年筆の磨き方とか教えてください。

そちらの楽園に負けないよう、こちらの楽園で私も楽しみたいと思っています。

https://www.nisshin.com/entertainment/academy/library/vol5.html

関連記事

タコの養殖、実現へ?!

静岡おでんの名店

静岡の名店、とは知らず訪ねたんですが、若い三代目がしっかりされてて非常にいい出会いとなりました。 最近の試食続きで、たくさん食べられなかっ…

富士宮やきそば学会会長のお別れ会

渡邉会長のお別れ会が、快晴で見事な富士山が見守るなか、富士宮でありました。 祭壇の渡邉さんの笑顔をみると、前向きにポジティブに楽観的に、町…

絶品きつね、かすうどん@新大阪

この季節のおうどんは、体にしみますね。 あったかいおだし、これを考えた人はすごいです。 釜たけうどんが、新大阪にもできまして、新幹線に乗…

ねぎ焼セットお披露目

日本コナモン協会推薦の商品が、先日の日本アクセスさんの展示会の 日清フーズさんブースで登場です。 小さな家族向けのセット商品ですが、ふん…

ページ上部へ戻る