© コナモン資料室 All rights reserved.

闘いの香港飲茶

陸羽茶室と蓮香楼

ほど近いとこにある、香港飲茶のツートップですが、

お味もメニューも雰囲気も真逆。

どっちが好きかは、好みと気分で選ぶとして、香港人の妻を持つマレーシア華僑の知人、ここがいいと言います。

蒸し立ての鶏足ひき肉椎茸や、マーラーカオが運ばれてくるとお客さんがどっと周りを取り囲み、ものをもらうと、

伝票にハンコを押してもらって、自分のテーブルで爆食する。

麺類も野菜炒めもどれもリーズナブルで外れ無し。

中国本土でも、この光景はなかなか珍しいと思います。

闘いのような飲茶は、また香港に来た!という喜びを噛み締めるひと時なんですが

知人によると、別のとこに移転するそうで、この雰囲気がどうなるのか、気になります。

関連記事

インスタ映えとおいしさの関係

朝日新聞からインタビューを受け、資料提供しました。 また、インスタ映えお好み焼をめっせ熊さんで撮影させていただきました。 開高…

タイのコナモン事情

  タイ、バンコクのコナモン事情、嬉しいことに、たこ焼きも進化してます! https://www.nisshin.…

コナモン市場調査

https://www.nisshin.com/entertainment/konamon/research/vol4…

お好み焼の魅力

インバウンドでも人気のお好み焼、その魅力について、紹介させていただきました。 …

バターフィナンシェ

おみやげにいただきました。 フィナンシェもバターも大好きなので、強力です。…

ページ上部へ戻る