© コナモン資料室 All rights reserved.

長居商店街で味わうほっこり道頓堀やきそば

セレッソ大阪のホームスタジアム、長居競技場の近くにある長居商店街。その一番南端にあるのが「お好み焼き 神明(じんめい)」。

 ここでも道頓堀やきそばが食べられます。

 店内は本当に懐かしい、街のお好み焼屋さんといった風情。
 夕方には近所のお客さんがずっと時間を潰しているんだろうなあ、というほんわかな雰囲気です。

 道頓堀やきそばや日本コナモン協会のポスターも貼ってくださっています(ありがとうございます!)。

 神明さんの道頓堀やきそばは具がもやし、キャベツ、豚バラという黄金スタイル。紅ショウガは小皿で出てきます。店の雰囲気も手伝って、「そうそう、焼きそばってやっぱりこれよな~!」と嬉しくなってきます。

 店主の神明永子さんの仕事が丁寧なのは、一緒に頼んだとん平焼きでもわかります。きれいに仕上がっています。(写真では2つに分かれていますが、これは2人で行ったからではなく、これはこれで1人前で、こういう出し方なのだそうです)

 他に気になったメニューは、「まぁ~るくないたこ焼き」。
 昔は店先でたこ焼きを焼いていたそうで、それを懐かしむお客さんの声に応えたメニューで、ゆるめの生地で、たこ焼きと同じ材料でお好み焼き状に焼いたものだそうです。

 また、「塩で食べるお好み焼き」も気になります!

 まだまだ新しいことに挑戦している気持ちの新しいお店です。

お好み焼き 神明
大阪府大阪市住吉区長居3-6-11
06-6691-5606
11:30~23:00

関連記事

さようなら、徳家のハリハリ

ハリハリ鍋といえば、今ではあちこちにありますが 大阪の食文化発祥のハリハリは、鯨なんです。 その名店が明日、閉じようとしています。 今…

コンビニのカレーパン

カリカリカレーパンというタイトルをみて、どれくらいカリカリなのか確かめました。 カリカリというのは言い過ぎですが、カレーの味わいも、…

デパ地下ワッフル

懐かしいおやつのひとつに、コロンバンのワッフルがあります。それに近いタイプが売っていたのでつい。クリームとイチゴ、ワッフル生地は 王道ですね…

冷凍うどんの誕生

昭和、平成を振り返る番組が続く中、万博きっかけの冷凍うどん業界についても紹介されていました。 私も万博のベルギー館で食べたポテトフリットの…

タコ養殖の是非

  水産資源との向き合い方は、いろんな考え方があるので、とくに難しいです。…

ページ上部へ戻る