© コナモン資料室 All rights reserved.

608/ 京都北白川のきらら漬

きららきららきらら
きららきらら

先日京都の北白川、曼珠院通りにある穂野出さんにおじゃましました。

ここは昔から、小茄子の麹漬けで有名なお店です。ここでしか売ってなくて、電話注文もおことわり・・のお店なので、なかなか食べられないのが残念。久々に味わいました。

麹漬け以外に、しば漬け、きゅうりの味噌漬けもおいしく、とくにしば漬けは昔は酢っぱくて苦手でしたが、今回は大ファンになりました。きざんでいただくと、酸味もええ感じ、朝のたきたてご飯にばっちりです。

雲母がとれたという、雲母坂にちなんだ、きらら漬け。「あんた、おもしろいわ~」といわれてしまいましたが、ご主人もめっちゃユニークです。京都観光には欠かせないスポット、また買いにいきますからね~

関連記事

軽羹の魅力

各地においしいお菓子はたくさんありいますが、軽羹ほどオリジナリティの高いおいしさって、あまり見かけないような。 食感、栄養価、香りのすばら…

炊肉という絶妙@鹿児島

このたび、鹿児島での最高の驚きは、焼肉、ではなく、炊肉という世界に入ってしまったことでした。 モツのおいしさ、栄養、カロリ…

マヨたこ@鹿児島

マヨたこ情報は1990年代からあったのえ、20年以上の歴史になります。 鹿児島のご当地たこ焼きといってもいいのかも知れませんね…

グラチャンもり山@鹿児島あげぱく

夕方になると、女子高生たちもやってきて、会場は唐揚げ一色に。 グラチャンのもり山さんのお気遣いも有難いです。 唐揚げの香…

とり新の骨つきモモ@鹿児島あげぱく

鹿児島では恒例となった「あげぱく」。 大分でお世話になった最高金賞のお店の社長みずからが揚げてくださるというので、ありが…

ページ上部へ戻る