© コナモン資料室 All rights reserved.

白ねぎ入り、大森 のたこ焼き

明治時代、どんどん焼きの絵を表してくれた、大森の貝塚発見のE・S・モース博士。そのゆかりの地は海苔の問屋さんも多く、風情が残っています。そこで見つけたたこ焼き屋さん。若い夫婦が仲良く営業中。試行錯誤の毎日だそうですが、応援してますよ~!

関連記事

さようなら、徳家のハリハリ

ハリハリ鍋といえば、今ではあちこちにありますが 大阪の食文化発祥のハリハリは、鯨なんです。 その名店が明日、閉じようとしています。 今…

コンビニのカレーパン

カリカリカレーパンというタイトルをみて、どれくらいカリカリなのか確かめました。 カリカリというのは言い過ぎですが、カレーの味わいも、…

デパ地下ワッフル

懐かしいおやつのひとつに、コロンバンのワッフルがあります。それに近いタイプが売っていたのでつい。クリームとイチゴ、ワッフル生地は 王道ですね…

冷凍うどんの誕生

昭和、平成を振り返る番組が続く中、万博きっかけの冷凍うどん業界についても紹介されていました。 私も万博のベルギー館で食べたポテトフリットの…

タコ養殖の是非

  水産資源との向き合い方は、いろんな考え方があるので、とくに難しいです。…

ページ上部へ戻る